ムビラジャンクション 全国演奏キャラバン日記
 
 
 
<< 8月(3)へ
20038月 その4

 

■8月11日 青森〜花巻温泉(岩手県)
今日から南下です。R7で碇ヶ関まで、そこからR282で盛岡へ。さすが日本の台所・東北。左右には延々と田んぼが続きます。

途中、地元のおばちゃんがスイカを売っているのを何度か見かけます。喉も渇いたことだし、1個食べてみよう!というわけで、大きなスイカを1個買いました。おばちゃんがザクザクと切ってくれました。形はゆがんでるけど甘くて美味しかったです。




国道沿いのスイカ売り




おばちゃん、ありがとう!


盛岡からR4です。今夜のお風呂は花巻温泉。またもや素晴らしい泉質でした。花巻温泉の近くに大きな池のある公園があったので、そこにテントを張ってみたら・・・一晩中カエルの大合唱!思わず録音しましたよ。なんとも愉快な夜でした。


■8月12日 花巻温泉〜平泉(中尊寺)〜仙台
少し時間を取って、中尊寺を歩くことにしました。藤原氏ゆかりの寺ですが、なんといっても松尾芭蕉の足跡を訪ねてみたかったのです。

「夏草や 兵(つわもの)どもが 夢のあと」


小雨が降ったり止んだりの1日。
しっとりとした緑に覆われた中尊寺でした

 

中尊寺の入り口で売っていた、黒ごまソフト。
ゴマの香りが高くとても美味しかったです →



ふらりと入ってみた伝統漆器の工房、「翁知屋」。ここ平泉には、優れた漆塗りの工芸技術が奥州平安文化の中で生まれ、第三代将軍藤原秀衡(ひでひら)の名にちなんで「秀衡塗」と呼ばれています。金箔をふんだんに使用し、大胆な菱紋が描かれているのが特徴です。


ふっくらとしたぬくもりと厚みを感じる素敵な手触りに、思わず買ってしまいましたよ! 秀衡塗としては地味目の夫婦椀ですが、まぎれもなく菱紋が入ってます。衝動買いなんですけど、気に入ったものだからいいんです♪


翁知屋ご主人。
ご自身で漆器を製作されています


さて、さんざん道草したので急いで仙台に向かいます。

■8月13日 仙台
今夜は仙台でワークショップ開催です。リンクページでご紹介している 蛸薬師倶楽部 のオーナー、由木尾さんのご尽力で実現しました。ワークショップの前に、お昼から公園で由木尾さんとお会いすることに。同じく相互リンクしてくださっている 創作カリンバ工房 オーナーの千田さんも来てくださいました。由木尾さんはたくさんのジャンベやカリンバを持って、千田さんはジョン・クナカのレシピによる自作のすばらしいムビラを持ってお見えになりました。




かなり目立ってたと思います



初対面なのに和気あいあい


毎日曇って涼しい日が続いていましたが、この日は夏らしく日が差して暑い1日でした。由木尾さんのご友人でアメリカ留学中の関さんがちょうど一時帰国中ということでお見えになり、ムビラに夢中になってました。「カリガモンベ」すっかり弾けるようになりましたね。素晴らしい。大学のクラスメートにジンバブエからの留学生がいるとか。ぜひムビラでカリガモンベを弾いてあげてください。驚愕しますよ、きっと!


仙台に来たからには絶対に食べたい牛タン。「安くて美味しい牛タンを出す店」と聞いて、わざわざ足を運んだのが牛タン屋一隆。裏通りに面したこぢんまりとしたお店ですが、中はお客さんでいっぱい。店内には有名人から贈られた色紙がたくさん貼ってあります。

牛タン定食、美味しすぎて悶えました!どっさりと盛られた牛タン焼きの横には、サラダではなくて浅漬け(このアイデアがイイ!)、そして長ネギの香る牛テールスープ。この味とボリュームで1,200円はウソみたいです。

仙台にお立ち寄りの際は、ぜひ食べに行ってみてください。本当に美味しかったです。ごちそうさまでした!




「一隆」のご主人とスタッフの方


さあ夜8時からいよいよワークショップです。会場はアフリカ雑貨ショップ「アフリーク・ソレイユ」。店長の野口さんはジンバブエにも買い付けに行かれるそう。もちろん店内はぎっしりとアフリカ一色、私たちには見覚えのある雑貨もたくさんあります。気さくな野口さんと奥様、スタッフの方のご協力によって11人ものお客様が来てくださいました。

ムビラは1人1台、2グループに分かれての講習です。まずはムビラの持ち方と音の鳴らし方から。「カリガモンベ」をほんの少しずつ、ゆっくり練習していきます。最初はキーを堅く感じてしまうと思いますが無理せずにマイペースでいきましょう。

 


ちょっとでも「弾けた!」という感覚が持てると俄然面白くなってくるのがムビラ。皆さん、とっても熱心で、時間を忘れてすっかり夢中になってました。「あっ、できた!」「あ、間違えた」 いろいろな呟きが聞こえてきます。隣の人より覚えるのが遅くても、ちっとも気にすることありません。競争じゃないのですから。ひとりひとり違ってていいのです。自分の進み方で楽しみましょう。それがムビラのいいところ。



皆さんに楽しんでいただけた様子で私たちも嬉しかったです。
アフリーク・ソレイユの方々、そして由木尾さん、本当にありがとうございました。来年もまたよろしくお願いいたします!

アフリーク・ソレイユ 〒980-0811 仙台市青葉区一番町2-5-6 TEL: 022-267-0104

 

<< 8月(3)へ
20038月 その4
8月(5)へ>>

 


 

 

HOME  |  イベントカレンダー  |  ムビラとは  |  アーティスト紹介  |  ショップコーナー  | 
リンク集  |  更新履歴  |  通信販売法に基づく表記  |  お問い合わせ  | 
このサイトの著作権はすべてムビラジャンクションに帰属します。掲載の文章、写真、図表、音源等の無断複写、無断転載を禁じます。
Copyright © 2003 Mbira Junction All rights reserved.